2017528日、夏の始まりを感じさせる日に小国地域の桑原一郎様の水田にて、携帯が通じないほど大自然の中、

 

我が研究室から新B4を含め計6名(石川・神立・宮本・岡野・小川・勝又・樋口)で田植えの体験をさせて頂きました。

 

           

 

今年は苗を植える印を付ける田植枠の作業は事前に行ってもらい、植える作業だけこなしました。

 

B4のほとんどは田植えが初めてで足を掬われて隣の人に捕まり、巻き込んで転びそうになる事や

 

苗の扱いが慣れないなど微笑ましい光景も有りました。

 

また、作業を一緒に行ったベテランの方々は楽しく喋りながら、しかし凄い早さで植えていくのを見て経験の差を感じました

 

            

 

機械を使わずに行なう田植えは、田んぼの気持ちが良い感触や、自ら苗を植える事で普段口にしているお米が出来る過程の一部を

 

直に感じ取れるとても良い経験となりました。

 

素晴らしい田植え体験のために御協力頂いた桑原一郎様を初め、御協力頂きました関係者皆様に研究室一同感謝を申し上げます。

 

文責 石川 隆世